確認テスト

この時期は各中学校で確認テスト(3年生のみ)が行われています。確認テストとはワーク(新研究等)の決められた範囲から出題されるもので、あらかじめその範囲のワークを終わらせておくことが宿題になっているので、確認テストという呼び名になっています。何回か確認テストを行った後で、今学習しているところまでワークが終わればそこから実力テストになります。

確認テストを行うことで、その範囲をしっかり学習できるはずなのですが、中には前回の確認テストの問題が解けない生徒もいます。受験勉強を効率よく行うには一度覚えたこと、一度解いた問題を忘れない、間違わないことが大切です。そのためにはテストが終わったら正解していた問題も含めて必ず見直しをしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です