進路説明会

この時期、市内の中学校では「進路説明会」が行われています。その後、生徒たちに進路の話を聞くと、現時点では1校に絞り切れないようです。その理由は「近さ」だったり、「制服」だったり、人それぞれですが、多くの生徒はまだ将来の事を具体的に決めていないので、自分の人生における高校の役割がどれほど大切なのかは、わかっていないようです。また将来やりたい事(職業)を決めている生徒でも、その目標を達成するためにはどの高校に進学するのがいいのかは自分では判断できないようです。ただ、よほど特殊な仕事でなければ選択肢となる高校は複数あるので現時点で1校に決めてしまう必要もないとは思います。

8月になれば高校の1日体験入学があるので、それまでに何校かに絞っておけばいいと思いますが、もし今の成績では少し難しい高校に挑戦するのであれば、その準備は早めに始めた方がいいでしょう。特に夏休みは受験生にとって大切な時期です。夏休みにどれだけ勉強したかで、秋からの成績に大きく差が出ます。最終的にの高校を受験するのかを決めるのは来年になったからですが、その時の選択肢を増やすためにも受験対策は早めに始めましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です