5月10日|選抜結果まとめ

昨日(5月9日)滋賀県教育委員会より「平成2 9年度 滋賀県立高等学校入者選抜の概要」が公表されました。一般選抜学力検査の”出題の方針等”には「単なる知識量を見るのではなく、思考力・判断力・表現力を問う設問や記述式の解答を多くするなどの工夫を凝らした」と書いてありました。数年前からこの傾向は続いているので今後も思考力・判断力・表現力を重視した選抜試験になるでしょうから、中学1年生もしくは小学生のうちからそれらの力を鍛える必要があります。これなの力はすぐに身につくものではありませんし、学習以外にも日頃の生活も影響してきますから、普段から意識して行動する必要があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です