8月3日|平年並

天気予報等で「平年並」と聞くとなんとなく安心してしまいますが、夏の暑さの「平年並み」は要注意ですよね。気象庁では「低い」、「平年並」、「高い」の3つの階級を使っているそうですが、その分け方は過去30年のデータから分けているそうです。(分け方は少しややこしいので気象庁のHPで確認してください)最近は地球温暖化が騒がれていますが、実際に日本の最高気温も近年更新されています。それらのことを考慮すれば30年前の「平年並」気温より今の「平年並」気温の方が高いでしょうから油断してはいけませんよね。また同じように「平均」と聞くと安心してしまいますが、「平均」にもいろいろあるのでこちらも油断しないようにしたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です