8月31日|台風とハリケーン

アメリカではハリケーン「ハービー」の被害で3万2000人以上が避難していて被害総額は8兆円を超えると試算されているそうです。桁違いの額なのでその被害の大きさは想像もつかないですが、自然災害の怖さを思い知らされます。日本でも台風15号が接近中ですが大きな被害が出ないことを願います。日本もそうですが、アメリカも普段から自然災害には備えているはずなのにこれだけ大きな被害が出るのはやはり異常気象のせいなのでしょうか。専門家と呼ばれている人たちが地球温暖化が異常気象を引き起こしているといっていますが、もし本当にそうならこれから先も自然災害による被害は拡大し続けてしまうと思うのですが何とかならないものでしょうか。しかし、そういうことは人任せではなく自分で考えて行動しないといけないのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です