9月21日|食欲の秋

この時期はいろいろな方から新米をいただきます。もともと滋賀のお米はおいしいのですが、新米は一味違いますね。また季節の野菜や魚などもとてもおいしいのでご飯が進みます。最近は季節感が薄れてきていますが、やはり旬の食べ物はおいしく感じてしまいますね。話は変わりますが、季節感が薄れてきたといえば、気候の挨拶もわかりづらくなっていますね。もともと暦上の季節であいさつが変わるので「暑中」と「残暑」が立秋を境に代わるみたいに、少しわかりづらいところもあるのですが、最近は春夏秋冬の移り変わり自体がわかりづらいのでますますあいさつの季節感がピンとこないです。今年の彼岸の入りは昨日の20日でしたが「暑さ寒さも彼岸まで」のあいさつ通り彼岸の開ける26日以降は涼しくなるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です