2月8日|受験状況

昨日行われた推薦・特色選抜の受験状況が公表されましたが、受験者合計が6,777名で欠席者4名だったそうです。今年の県内高校への進学希望者数が13,487名ですから約半数が推薦・特色選抜を受験したことになります。受験倍率が1.0倍を超えている高校もあるので6,777名全員が合格することはありませんが、受験生にとってはまずは「推薦・特色選抜」が目標になっているようです。ただ推薦にしろ特色にしろ人気のある高校は倍率が高いのでしっかり対策を立てておく必要がありますが、そのためには一年生のうちから内申書を気にしておくことが大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です