3月9日|営業

この時期いろいろな営業の電話がかかってきます。中には役に立ちそうな営業もあるのですが大半はわけのわからない営業です。特にマニュアル通りに話してくる営業さんは説明が無駄に長くて何が言いたいのかよくわかりません。時間が惜しいので途中で話をさえぎってこちらから質問をすると的外れの答えをする人が多いです。そんな時はこちらの質問が悪かったのかと思って聞き方を変えて質問をするのですがやはり的確な答えは返ってきません。今日もこちらから具体例を出して「そのぐらいの効果はあるのですか?」と聞いたら「そうなるように努力はします。」との返事でした。こちらが出した要求はさほど難しいものではなかったのですが「努力します。」ではそののシステムを導入する気にはならないです。しかしこの手の営業さんは引き下がらないことが多いので、そんな状態でもまだ話を続けてきます。営業さんにとって押しが強いことは重要だと思いますが、それ以上に的確な状況判断のほうが先だと思いますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です