3月22日|参考書

来年度の受験に向けていろいろと準備を始めましたが、その一つに参考書(問題集)選びがあります。教育改革の影響で参考書(問題集)の内容が大きき代わるときは少し大変ですが、今年はあまり大きく変更される点がないので去年までの参考書(問題集)をそのまま使えそうです。しかし大学を受験する生徒に家庭学習で使う参考書(問題集)を聞かれたときは少し悩みます。最近は大学の入試も多様化していて同じ大学の同じ学部を受験するにもいろいろな方式があるので、どの方式で受けるのかによって受験科目が違ってきます。また複数の大学を受験する場合は大学によって出題傾向が大きく違う場合があるのでその点も悩むところです。参考書(問題集)以外にも「どっちの学部がいいですか?」と聞かれることがありますが、近年は学部が統廃合されたり新設されているので学部名を聞いても何をする学部なのかよくわからない場合があります。そんな状態なので生徒に聞かれたときにすぐに答えられなくて困ります。しかしこれは私の勉強不足が原因なのでもう少し勉強する必要がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です