6月21日|夏至

今日は夏至ですから昼間が一年で一番長い日です。ちなみにこのあたりの日の出は4時42分で日の入りが19時13分なので昼間の長さは14時間31分になりますが、夏よりもこの時期のほうが昼間が長いのはなんだか不思議な気がします。夏至を過ぎると昼間の長さが短くなっていくのですが、しばらくの間は日の出も日の入りも遅くなっていきます。つまり日の入りの時間が遅くなる以上に日の出時間が遅くなるので昼間の時間が短くなるわけです。日の出が遅くなってもその時間は寝ているのであまり気が付きませんが、日の入りが遅くなると「日が長くなった」と言って昼間が長くなるように感じるので、夏至が一年で昼間が一番長い日といっても実感がわかないわけです。ちなみに大阪では夏至にタコを食べる風習があるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です