6月28日|期末テスト

今日と明日で期末テストを行っている中学校が多いでので当塾の生徒たちもテスト対策を頑張っています。ただ今回のテストは中学2年生の数学の範囲が連立方程式なのですが苦手な生徒が多いようです。「代入法」とか「加減法」といった解き方を重視しすぎて、連立の意味がよく理解できていないようです。解き方ではなく連立方程式の基本がわかっていればもう、少しミスも減ると思うのですが片方の方程式でしか成り立たない答えを書く生徒が多いです。検算をすれば間違っていることはわかるはずですが、間違っている生徒は片方の方程式だけで検算をするようで結局間違ったまま答えを書いてしまうようです。確かに数学はこの辺りから難しくなってくるので、もともと数学が苦手な生徒にすればさらに数学が嫌いになりかねないところですが基本さえ理解すればそれほど難しくはないのでまずは基本を押さえてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です