7月28日|台風の進路

台風12号が今夜上陸しそうですが、気象庁の言う「これまでの経験が通用しない場合がある」とはどのようなことなのか想像がつきません。専門家の話では「台風の通過後も大雨が続く恐れがある。また通過後に短時間豪雨や激しい突風が起こる可能性もある」とのことです。ただ専門家の話を聞いても肝心の台風対策をどうすればいいのかがよくわからないです。いろいろな話を聞いて総合的に考えると、雨対策、風対策をいつもの台風よりも厳重にして、台風が通過した後も警戒を怠るなということのようです。しかしこのままだと近畿地方は台風の通過が夜中になりそうなので寝てる間に予期せぬ事態になっていたら怖いです。状況によっては徹夜で警戒する必要があるのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です