9月12日|入試説明会

今日は朝から私立高校の入試説明会に行ってきました。話の中心は今年度の入試概要なのですが、それとは別に「大学入試改革と次期学習指導要項」の話がありとても参考になりました。特に「大学入試改革」について都市部では過敏に反応しているようで、教育業界の一部では新しい英語学習についての対策合戦になっているそうです。確かに逆算していくと今の小学6年生が大学を受験する時には受験方法が大きく変わっているので、今から対策をする必要があるのも事実です。しかし、教育改革の本来の目的は「受験勉強だけが出来る人間」が増えてしまって、肝心の中身がついてきていない現状を変えるのが目的なので、「お金をかけて対策をしたもの」だけが大学に受かるような制度にはならないでほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です