11月8日|未来予想

WEBのニュースに「ズワイガニ3年後に半減危機」というものがありました。調査は稚ガニの推定量を元に分析すると3年後には生息量が現在の半分になるそうです。この調査によると年々減少していって半年後に半減するそうなので、一年後にはこの推測が正しいかどうかがある程度わかるようです。過去にもにいろいろな未来予想がありましたが、結果が伴っていない予想も多いような気がします。特に経済関係では株価や為替といった不確定要素に左右されるものは半年後の予想でも全く違う時があるので驚かされます。また今回のように生物の増加減少といったものの中にも当初の予想とはまった違う結果になったものもあるようです。前に何かの記事で読んだのですが絶滅する危険があるということで保護したら、逆に増えすぎて自然環境に影響を与えた動物もいたみたいです。予想する人たちは専門家なので正しい方法で予想しているとは思いますが、個人的には経済評論家の人たちの予想は信じられないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です