2020年教育改革

2020年の教育改革とは!

文部科学省は教育改革の基本となる「学力の3要素」を下記のように表現しています。
1.「知識・技能」
2.「思考力・判断力・表現力」
3.「主体性・多様性・協働性」

1の「知識・技能」とは一般的には基礎学力と呼ばれるもので「詰め込み教育」でも成果が出る部分です。

2の「思考力・判断力・表現力」が応用力呼ばれるもので「詰め込み教育」では成果が出にくく、それなりの対策を必要とする部分です。

3の「主体性・多様性・協働性」とはいったいどのようなものなのでしょうか?
文部科学省は「主体性をもって多様な人々と協働して学ぶ態度」と説明しています。さらに「1から3のすべてを一人一人の学習者が身に付け、予見の困難な時代に、多様な人々と学び、働きながら、主体的に人生を切り開いていく力を育てるものにならなければならない」とも言っています。言いたいことはわかるのですがどうやって養うのかはすぐには思いつかないです。

しかし、今後はこの「学力の3要素」をもとに教育改革が進められて行きます。この教育改革を乗り切るにはどうすればいいのか順番に考えていきましょう。

1「知識・技術」

従来通りの反復学習で地道にやっていけば対応するのはさほど難しくないでしょう。

2「思考力・判断力・表現力」

個人差が大きいので一律に決まった勉強方法で対応できるものではありません。例えば正解例が2通りある問題を解いたとして、2通りとも解答できる生徒、どちらか1通りは解けるけれどもう1通りが理解できない生徒、2通りとも理解できない生徒に分かれます。2通りとも理解できない生徒も問題ですが、どちらか1通りしか理解できない生徒は思考力に偏りがある可能性もあるので、思考力を養うという点では2通りとも理解できない生徒より時間がかかるかもしれません。同様に、判断力や表現力も簡単に養えるものではないので、工夫と時間が必要になってきます。

3の「主体性・多様性・協働性」

これは少し難しいです。というのも「主体性」「多様な人々」「協働」の程度とバランスがはっきりしないので到達目標が設定しにくいです。特に「多様は人々と協働して学ぶ」というのは人によってとらえ方が大きく違ってくるので、もう少し文部科学省の動向を見守る必要があります。

ではどうすればいいのか?

以上の事からある程度時間が必要な2の「思考力・判断力・表現力」を養うための対策から始める必要があります。

これは先ほども説明しましたが、個人差があるので一人ひとりの現状を把握する必要があります。
その子に適した方法でなければ、「思考力」は鍛えられたけれど「表現力」が全くつかなかったとか、「判断力」がいつまでたっても弱いといったことになります。
つまりマニュアル通りにはいかにということですから、今後は脱マニュアルの勉強方法(学習習慣)が必須になってきます。
自分に合ったオリジナルの勉強方法(学習習慣)は人から見れば変な勉強方法かもしれませんが、それで成果が出るのであればその方法を続けるべきです。
しかし、子供たちが自分でその勉強方法を見つけるのは簡単なことではありません、本人は自分に合っていると思っていても間違っているかもしれません。
そんなときは正しい道に導いてあげる協力者が必要です。
この協力者が常に子供たちを見守っていれば間違った勉強方法で時間を無駄にすることを防げます。ここでいう協力者として考えられるのは家族や学校の先生ですが、学校には少なからずマニュアルがあるので脱マニュアルは少し難しいです。
そのため家族が一番の協力者ということになります。
結局は「思考力・判断力・表現力」を養うためには家族の協力(環境)が大切だということです。