中学受験

このエントリーをはてなブックマークに追加

近年の中学受験の状況

最近は東近江市の小学校に通ってるお子様をお持ちの保護者様の中にも、中学受験をお考えの方が少なからずいらっしゃるようです。
中学受験を検討されている理由はそれぞれですが、目指される中学は大きく分けて、3パターンのようです。

1.他府県の有名私立中学を目指す。
2.県内の私立中学を目指す。
3.県内の中高一貫の公立中学を目指す。

他府県の有名私立中学を目指す場合

もし難関とよばれる中学を目指すのであれば、かなりの受験対策が必要になります。
一般的には、準備期間は3年以上と言われているので、少なくとも小学校4年生から受験準備を始めなければいけないことになります。また、受ける中学ごとにその内容も違いますので志望校対策も重要になります。正直、ハードルはかなり高いです。

県内の私立中学を目指す場合

こちらも各中学ごとに試験の内容は違ってきますので、志望校対策が必要ですが、パターン1に比べればハードルはそれほど高くはありません。
しかし、小学校で習っていることだけでは不十分な場合もありますので、準備期間は1年以上あった方がいいと思います。また、それまでに習った事(4,5年生の内容)の理解度によっても変わってきます。

県内の中高一貫の公立中学を目指す場合

滋賀県では河瀬中学、守山中学、水口東中学の3校になります。
問題は共通で、「作文」「適性検査」「面接」の3つです。
こちらもパターン2と同じく準備期間は1年以上あった方がいいでしょう。特に守山中学は毎年倍率が高いので、やはり十分な対策が必要になってくると思います。

県内の中学校を目指すのであれば

県内の中学校を目指すのであれば、6年生になってから準備をしても間に合いますが、倍率等を考慮すれば、中学受験対策のしっかりとした学習塾に通うなどの対策を取っておかないと、確実に合格というわけには行かないのが現実だと思います。